センスのいい引き出物の選び方

本当にもらってよかったと感謝されるように

自分達夫婦を祝ってくれるために、忙しいスケジュールの合間を縫って結婚式に来てくれたゲストたちに、感謝の気持ちを込めて渡す品物を引き出物と呼びます。記念品と引菓子に縁起物の三品のセットが基本の形です。引き出物に関する風習や相場価格等は地域差があるので、結婚式の作法をきちんと守るためにも親族や両親によく確かめておきましょう。最近はゲストの性別や年齢層、家族構成などを考慮して贈り分けをすることが主流になりつつあるので、より一人一人に寄り添った品物を贈れるようになりました。相手の好みや欲しいものを知っていれば、センスがいいと感心されたり、満足してもらえるような記念品や引菓子をチョイスできるようになるはずです。

喜ばれるギフトとそうではないギフトを知る

センスの良さを感じさせるような引き出物を贈るなら、逆にあまり喜ばれないギフトの傾向を把握しておいた方が失敗を避けることができます。結婚式に招待された経験のある人を対象にしたアンケート調査では、新郎新婦の顔写真や氏名がプリントアウトされた雑貨やキッチン用品などが厳しい評価を受けていました。当事者にとってはオンリーワンで特別な品物に見えますが、贈られる側が使いづらくて困惑してしまうのです。実際にゲストがもらってありがたく感じた引き出物としては、本人が商品を自由に決められるカタログギフトや、普段は買うことのできない高級ブランドの食器セットや、ナイフやフォークなどを複数揃えたカトラリーセットなどがあります。