失敗しないウェディングドレスの選ぶコツ

意外とある!ドレスの種類

人生の一大イベントである結婚式。素敵な思い出にするためにも、お気に入りのドレスを着たいですよね。
ドレスの形には様々な種類があって、それぞれ雰囲気が異なります。例えばプリンセスラインはその名の通り、お姫様のような華やかで可愛らしい印象になりますし、マーメイドラインはセクシーで大人な印象に。それぞれの形に良さがあって、どれがいいか迷ってしまいますね。ドレスのライン選びで迷ってしまったときは、そのドレスが自分の体型にあっているか、式の雰囲気と合っているかを考えると良いようです。
また、袖の種類によっても印象が変わります。袖の有無、袖の長さ等、袖によってドレスのラインが同じでも雰囲気が全く変わるんです。袖には体型カバーの役割もあるので、腕を出すのはちょっと怖い…と思っている方は袖を工夫してみるといいかもしれません。

ドレスは借りるもの?「買う」という選択肢も。

一般的に、ウェディングドレスは結婚式場と提携している衣裳屋さんからレンタルしたものを着る場合が多いと思います。式場によっては提携先が多くていろいろなタイプのドレスを選べる場合もありますが、提携先は1箇所のみという場合も。衣裳の提携先が少ない場合には選べるドレスに限りがあるため、自分が本当に着たいと思っているデザインの「理想のドレス」に巡り会えないこともあるのではないでしょうか。
しかし、そんな時には「買う」という選択肢もあるんです。最近ではネット上で様々なドレスが販売されています。デザインも豊富で、レンタルよりも価格を抑えられることもありますよ。ドレスの形や袖の有無など、自分の好みに合うものをじっくり探すことができるので、「本当はこういうのが着たかったのに!」なんて後悔をしたくない方は買うことも検討してみると良いのではないでしょうか。
ただし、持ち込みOKか事前に確認してくださいね。